佐藤( )

11,466

(0)

1

マスクの写真ばっかりになってしまうわね
仕方ない

ここ最近、なぜかとても沈んでしまって
誰もわかってくれないなぁ、みたいなモードに突入しているのですが
そんな中でもわかろうとしてくれてることや、肯定の意を伝えようとしてくれる方がいて救われてます

みなさんがいなかったら、私はこの気持ちをどうしていただろう?


中学生の頃の自分はあまりに感受性豊かで、中二病と言ってしまえばそれまでかもしれないけど
目に映るすべてが心を揺さぶってきたし、それを身体で感じながら生きてた

その感覚を持ったまま高校生になって、たまたま出会った舞台作品で演劇にハマって…
と、気付いたら演劇を志していた訳ですが
それは多分、この皮膚感覚がとても尊いことだとわかった上で、忘れないために舞台に立ちたかったのかなと、今になって思います

でももう、あの皮膚感覚は忘れてしまったし
今の自分ながあの頃の感受性を宿してしまったらきっと壊れてしまうと思う
人間ってうまくできているなあ

あの頃に戻りたいとはもう思ってないけれど
感情を、感覚を、研ぎ澄ますことを怠ってはいけないなといつも思う
今の私は怠けている
人間を怠けてはだめだ

もっとゆるゆるとテキトーに生きられたら幸せかな、と毎日思うけど
私にはありがたいことに味方がいるのだから
恐れずに進めば良いだけなのにね



ということを!
あたまではわかっています!!

これからもまた、悩んだり沈んだりするかもしれないけど
強く優しくなるための修行なので、どうか長い目でお付き合い下さい……

みんないつもありがとう!
次のLVまで
あと--

YELL

♥ --
--

nasca

前に進めない時に立ち止まることは決して悪いことではない。と俺は思います。
無理しないでくださいね。

簡単ではないだろうけど、さとちゃんがその頃以上に感覚を刺激するモノに出会えることを願っております。
nasca

No.1

TOPへ戻る